東京旅行で代表的なスポットを訪れてみる


top
画像参照:Moyan Brenn

日本に訪れる外国人観光客も増えている現在、国内を旅する人の数も増えています。
日本を再発見するためにも、是非一度、日本の首都「東京」を歩いてみてください。
最近では、2020年のオリンピックに向けて、様々な事業が急ピッチで進んでいます。
東京を旅行していると、その様な光景にも出くわす可能性があります。初めて訪れる人にとっては、
外国人観光客が訪れる様な代表的なスポットを楽しんでみる事もできます。

例を挙げてみると、浅草や秋葉原、六本木などがあります。
浅草では、まず食べ歩きを楽しむ事ができます。旅の予定を立てて訪れてみても勿論いいですが、
余程の年末年始等でなければ、どこにもお店があり、営業しています。
浅草のお店についても、美味しいお店は多数存在しています。
老舗と呼ばれるお店も点在していますので、お店巡りをしてみる事もできます。
一方で、最近では、浅草寺の仲見世界隈では、食べ歩き用に、一口サイズの食べ物を販売しているお店も
多くなっています。揚げ饅頭を食べても、肉まんを食べても、浅草を満喫する事ができます。
江戸っ子は、気が短いと昔から言われますが、お蕎麦のお店も多く、仲見世にも美味しい蕎麦処があり、
天ぷらを添えて蕎麦を食してみるのも、粋な下町風情を実感する事ができます。

秋葉原は、一昔前には電化製品や電気部品などを購入する街といったイメージが見られましたが、
現在ではオタク文化の聖地にもなっています。
ここでは、現在素人発信の新しい文化を感じるこ事もできる様になっていますので、
これからのアイドルを応援するも良し、お気に入りフィギュアを買い求めるも良しという場所になっています。
六本木界隈は、元々テレビ局などもあるため、芸能人、芸能関係者の夜の遊び場としても有名です。
芸能人がオープンしているお店などもありますので、泊まりの夜にはアルコールや夕食を楽しんでみる事もできます。
六本木のある港区には、海外の大使館も多く存在していますので、各国大使館のイベント情報を収集すれば、
その国独自の文化体験などもできます。
東京は、情報量が非常に多い、文化・店舗様々なものが集中して楽しめる都市です。
旅行する目的によって、散策する場所を特定して楽しむ事もできます。
独特の文化や生活が育まれた下町を楽しんだり、流行の発信基地を訪れて、今を感じる事もできます。
あなたの見たい、知りたい、感じたいを実現してくれるのが、東京への旅行となります。
思う存分楽しみを作って、東京を感じてみてください。

経済指標について知る

米国雇用統計
為替相場への影響が大きい重要な経済指標「米国雇用統計」とは?