東京旅行でおすすめのごはん


2
画像参照:InterContinental Hong Kon

東京旅行で迷う事といえばごはんです。東京は日本の首都といわれるだけあり、様々なごはん屋さんが存在しています。
旅行に行ったから、そこでしか食べれない名物の物を食べたいという気持ちになりますが、
様々なジャンルのごはん屋さんがあるため、結局何を食べていいのか分からないことになります。

東京で古くから存在しているのは、もんじゃ焼きです。中央区月島という地区では、もんじゃ焼きの店舗が約80件あります。
鉄板を囲み、大人数で食事ができるもんじゃ焼きを楽しむことができます。また月島は昭和の民家が残る街並みもあり、
もんじゃ焼きと共に街並みも楽しむことができます。

また、江戸前寿司も有名です。1800年代頃に、江戸で生魚を用いた寿司が日本で初めて作られ食べられました。
当時は屋台で売られており、早く食べれて安い食事であり、江戸前寿司は庶民的な食事でした。
コハダやサバをしめたものや卵や蒸しエビなどの寿司が代表的です。上野や御徒町で江戸前寿司を楽しむことができます。

また、スイーツでおすすめは明治30年に生まれたあんみつです。透明な寒天にあんこをのせて食べることであんみつが生まれました。
現在では、上野や御徒町でそれらを食することができます。透明な寒天に、あんこやフルーツ、ソフトクリームなどをのせて
食べる方法が一般的で小さな子供からお年寄りまで食べやすく美味しく食べれます。

東京にもご当地グルメが多々あります。東京ラーメンや福生バーガーも東京のローカルな料理が味わえるご当地グルメです。
様々なごはんが食べられる東京で、東京らしいごはんを食べてみてはいかがでしょうか。